巨木の森

2001年正月、屋久島へ屋久杉を見に行く機会がありました。

有名な縄文杉は見れませんでしたが、紀元杉などを見れました。
印象的だった以下の3点を記します。

1、種子島宇宙開発センター。
2、屋久島。
3、南国の植物。


屋久島と屋久杉

私は森林が好きで、特に大きな木が好きなので、いつか屋久島の縄文杉を見に行きたいと思っていました。
縄文杉は歩いて片道5時間くらいかかるというので、春か夏(秋は台風が恐いので)に一週間くらいの期間はかかるかと思っていましたが、なかなか都合がつきません。

ところが、ひょんなことからジイサン・バアサン達の相手をして、種子島、屋久島を数日で回るツァーに参加したので、その印象を書きます。


種子島といえば、鉄砲伝来と科学技術庁の宇宙センターです。
宇宙センターの方は、どうも最近失敗続きで良い話題がありませんが、技術立国日本の為にもガンバッてほしいのものです。
西之表港の近所には珍しい鉄砲博物館があり、各種の銃火器が展示されています。

種子島 竹崎の発射台群です。
左から「気象観測塔」、「ロケット整備塔」、ちょっと手前の「中型ロケット発射台」、一番右が「大型ロケット発射台」です。
いつか発射を見たいと思いますが、ウワサではフロリダにスペースシャトルの打ち上げを見に行く方が、見れる確率は高いそうです。
鉄砲 珍しい銃火器の博物館が港の近くにありました。
火縄銃などの歴史的な銃から、「ゲベール銃」や「ミニュエール銃」など、幕末の物語が好きな人には馴染み深い銃が展示されています。
屋久島02 鹿児島と種子島、屋久島はこの水中翼船で移動しました。
「トッピー」という名前で呼ばれていますが、トビウオのことだそうです。
鹿児島から種子島、種子島から屋久島までそれぞれ1時間くらいでした。
波が静かだと80Kmくらいの速度で移動できます。


屋久島という島は、普段は話題にも出ないマイナーな島ですが、けっこう特徴のある島で、調べるとイロイロ興味が湧いてきます。

1、けっこう大きい:島の面積は淡路島より一回り小さいくらいで、種子島より大きい。
2、高山が多い:最高峰の宮之浦岳が1935mで他にも1000mを越す山々が多く、山の上では積雪も多くて厳しい自然環境となっている。
3、屋久杉:屋久杉という種類の杉は無く、普通の杉が屋久島では長生きをするようになって、1000年以上経ったものを屋久杉と称している。

屋久島03 角が生えたような山が見えますが、太忠岳(1511m)です、この角は40mもある花崗岩だそうです。
時間があったら是非行って見たいと思います。
屋久島04 胴回りが8m以上ある「紀元杉」です。
推定樹齢が3000年だそうですから、キリストが生まれた頃には既に1000才を超えていたわけで、ちょっと想像を絶します。
屋久島05 「紀元杉」を別の角度から撮影したもので、右下に記念撮影をしている人が写っていますが、比べると大きさが判るかと思います。
屋久島06 「屋久杉ランド」という森林の中に遊歩道が作ってある所があり、普通の服装でも森林の中へ入ることができます。
標高が1000m以上の所なので、飛騨高山の原生林を歩いているような錯覚をします。
屋久島07 ちょっと分かり難いのですが、木が生えているように見える台はとてつもなく大きな切り株です。
江戸時代に伐採された屋久杉の切り株の上に、何本もの木が生えてしまったものです。
屋久島08 屋久島には熊やキツネ、タヌキがいないので、鹿と猿の天下になっているようです。
純粋な野生の鹿にこれほど近づいたのは、北海道の知床岬以来のことでした。
屋久島09 5〜6mくらいでしょうか、どうやら子供で興味シンシンでこちらを見ています。
口笛を吹くと鳴き返してきますが、何を言っているのかは不明です。


山の上の方は標高が高いので、寒いし辛いのですが、海岸沿は穏やかな南国です。

屋久島10 まるで木のようなデッカイ羊歯があります。
東京などでは羊歯は日陰に小さくなっているのですが、ここでは木のように大きくなるものがあります。
ニュージーランドを思い出す光景でした。
屋久島11 人の住んでいる海岸沿いでは「モンキー・バナナ」がよく実るそうです。
この木がそうらしいのですが、私の知識ではよく分かりません。
赤い不思議な花が咲いていました。
屋久島12 海岸の海沿いでは「ガジュマル」が多く生えています。
沖縄まではまだかなりの距離があるのですが、この木を見ると、南国だナ〜と思います。

屋久島を回ってみると自然が多く残っていて、アウトドアの好きな私としては、是非しばらく滞在してキャンプしながらアチコチ見て歩きたいと思います。

実際、この島は人口がちょっとづつ増えているそうで、北海道と同様にこの島へ居着いてしまう人がいるようです。


HOME